Category Archives: kinki kids 專輯歌詞

KinKi Kids | I album -iD 歌詞 1

1. MAFUYU NO PANSE    真冬のパンセ 心に灯をともして こごえた手暖めて 过ぎ去る日々すらまるで浅い雪 冻てついたビル风が音を立てて 枯れた落ち叶を舞わす 渗むような面影は时を越えて 今も心で揺れるよ 冬めく街に仆ら流されて ここまで歩いて来たけれど それでも 飞び交う声の中で 君から远く离れて 今でも明日を信じてる 心に灯をともして こごえた手暖めて 过ぎ去る日々すらまるで浅い雪 色褪せた街并みは记忆の中 いつもやさしく映る 零れ出すタメ息は风に冷えて ただ水玉に変わるよ ちらつく雪の路を歩いてた 涙は乾いてゆくけれど それでも 冷たい頬のままで ガラス窓の向こうに 消えてく昨日を数えてる ざわめく夜を越えて きらめく街の上で 真冬の夜明けに浮かぶ丸い月 冬めく街に仆ら流されて ここまで歩いて来たけれど それでも 飞び交う声の中で 君から远く离れて 今でも明日を信じてる 心に灯をともして こごえた手暖めて 过ぎ去る日々すらまるで浅い雪 中文翻譯  在心裏點燈 去溫暖那雙冰冷的手 就連往昔都像一層薄雪 寒風擦過大廈吱吱作 響 枯葉正在翩翩起舞 滲透這些的映像跨越時空 現在還在 我心動搖 我們在冬意漸濃的街裏流動 雖已經到了這個地步 但還是 在對話聲中 離你而去 現在我還相信著明天 在心裏點燈 去溫暖那雙冰冷的手 就連往昔都像一層薄雪 褪色的街道在記憶之中 永遠都是那麼溫柔 流露的嘆息因風吹漸淡 只會變成水珠 走在雪花紛飛的路上 雖然眼淚已經乾透 但還是 以冰冷的面頰 向著玻璃窗 數著逐漸消失的昨天 跨過嘈雜的晚上 在華燈初上的城市上 浮於嚴冬黎明的圓月 我們在冬意漸濃的街裏流動 … Continue reading

Posted in kinki kids 專輯歌詞 | Leave a comment